建設業界の「人材不足」と「生産性の低下」の背景

東京オリンピックの開催や災害復興の支援。

このように、首都圏を中心に建設需要が拡大しているにも関わらず・・・。
人材不足が問題視されている建設業界。

さらには、「働き方改革法の施行」により・・・。
現場では、「人材確保」だけでなく、「生産性向上」も急務となっています。

「人材不足」や「生産性の低下」の背景には・・・。

「収入の低さ」、「仕事のきつさ」、「休日の少なさ」。
さらには、「技術者の高齢化」、「作業環境の厳しさ」なども挙げられます。

これら業界全体の問題は、企業努力だけでは改善するのが難しいのが現状です。
国も巻き込んで、長期的な視点で少しずつ改善をしていく必要があります。

それでは、具体的にはどんな改善策が考えられるでしょうか。

このような問題を抱える、建設業界を救う一つのキーワードとして・・・。
近年、注目を集めるのが、「i-Construction」です。

建設業界を救うキーワード「i-Construction」とは?

「i-Construction」という言葉を聞いた事がある方も多いかもしれませんが・・・。
「ICT」と勘違いしやすい言葉ですので、ここで改めて定義を説明します。

「i-Construction」とは、国土交通省が進める・・・。
「生産性革命プロジェクト」のひとつとして“重視されている政策”。
建設業界を近代化させるための取り組みの事です。

「i-Construction」に関する政府の取り組みが始まったのは2016年。

具体的には、建設業界の生産性の向上を図り・・・。
「給与が高い、休暇が取れる、希望が持てる」
という新しいイメージを建設業界に根付かせるための政策です。

そして、「ICT」とは「Information and Communication Technology」。
情報通信技術の略称であり、通信技術を活用したコミュニケーションを指します。

「i-Construction」が大枠の取り組み、「ICT」はその取り組みを実現する手段。
こんな風に考えたら、分かりやすいでしょうか。

「i-Construction」の具体的な導入事例

「ICT」をを、建設現場に導入して、仕事の生産性を高め・・・。
少ない人数での作業効率化を図る。

「人材不足」と「生産性の低下」の両方をカバーする・・・。
「i-Construction」の政策内容です。

それでは、具体的には何をするのでしょうか。
例えば、以下のような導入事例があります。

導入事例1.
施工体制台帳など、書類の電子化

公共工事や大規模工事に欠かせない施工体制台帳。
しかし、膨大な資料を紙媒体で管理するのは、非常に手間が掛かります。

人の管理は、手作業によるミスが発生しやすいからです。

そこで、考えられる解決策が、書類の電子化。
電子化した上で、webを活用して整理できるようになると、作業効率もアップします。
資料の検索や修正も容易に行えます。

導入事例2.
WEBカメラなど、IT機器の導入

WEBカメラなど、IT機器の導入。
これは、最もイメージがしやすい施策の一つかもしれません。

まずは普段当たり前に使っているモノから変えていく。
これが、「i-Construction」、「ICT」では重要になってくる考え方になります。

専用アプリを使えば、これまで紙資料で確認していた図面も・・・。
PCやスマホ、タブレットで閲覧ができ、図面を持ち運ぶ手間も省けます。

導入事例3.
ICT建設機械を、施工時に活用

「ICT建設機械」とは、オペレーターに頼らず、自動制御を行う建機の事。

オペレーターと重機との接触機会が減ることによる・・・。
安全性向上も見込めます。

また、オペレーターの稼働人数が減る事で、「人材不足」もカバーできます。

人はいるけど資格や経験がないから、重機を有効利用できない。
よくあるこんな問題も、なくす事ができそうです。

「i-Construction」導入にあたって考えるべき事

いかがでしょうか。
上記のような事例をご覧いただくと、「i-Construction」の取り組みによって・・・。
「人材不足」だけでなく、「生産性向上」も実現できる事が分かるはずです。

しかし、「i-Construction」導入にあたって考えるべき事もあります。
それは、資金の問題。

「i-Construction」の取り組みが急務と言われている、中小企業にとって・・・。
導入に前向きでも、資金が足りないというのは、よくある事。

しかし、諦めるのはまだ早いかもしれません。
「i-Construction」の取り組みを手助けする方法が存在するのです。

それは、補助金を活用する事。
補助金とは「返済の【必要がない】お金」の事です。

補助金を使って「i-Construction」導入しませんか?

「収入の低さ」、「仕事のきつさ」、「休日の少なさ」。

これらの問題から、「人材不足」と「生産性の低下」が問題視されている建設業界。

補助金を活用して、「i-Construction」の取り組みをスタートする事で・・・。
今業界内で働いている人だけでなく、新しい人が活躍する環境も整います。

例えば、補助金には、主に以下のような特徴があります。

  • 中小企業全業種に対応できる
  • 新規事業だけでなく、生産性を向上させるための投資にも活用できる
  • 最大1,000万円まで支給してもらえる

補助金について、より詳しく知りたいという事であれば・・・。
下記のURLより詳細をご確認ください。