どう生き残る?増え続ける歯科医院の背景

歯科医院と言えば、現在1駅に数件は当たり前。
都内中枢の駅では、歯科医院が存在しない駅の方が珍しいくらいです。

そして、今や飽和状態となった歯科医院。
明らかな過当競争市場となっています。

患者数の減少が積み重なり、結果的に倒産、という歯科医院も増えてきています。

ただ、競争が激しいと言っても・・・。
現状の仕事で手一杯という歯科医院も少なくないでしょう。

現状のリソースのままで、プラスアルファの対策を練らなければいけない。
こう考えると、頭を抱えてしまう院長先生も多いのではないでしょうか。

人手不足に働き方改革!?一体どうすれば・・・

さらには、競合他社との熾烈な争いだけでなく、課題は院内にも存在します。
ここ最近、歯科医院の悩みとして顕著なのが、人手不足。

スタッフが定着しない原因の一つが、少人数体制による、長時間労働。
そして、求められる能力基準の高さです。

少ないスタッフで経営していく事を考えると・・・。
必然的に、一人のスタッフにたくさんの仕事を任せる事になります。

「こんなはずじゃなかった、想定した仕事内容と違う・・・」
こんな風にして、すぐに退職をしてしますスタッフが多いようです。

働き方改革という観点から考えると、確かに厳しい職場かもしれませんが、
高い給与水準を考えると、少しもったいないかもしれませんが。

競合他社との熾烈な争い、そして、スタッフの離職の低減。
この2つの課題を解決するための方法が、何かないものか。

こんな風に考えている院長先生はきっとたくさんいると思いますが・・・。

実はあります。
その解決策こそ、業務のIT化と最新設備の導入です。

少人数でも利益UP!カギはIT化と最新設備

競合歯科医院と差別化を図り、さらには少人数のスタッフで利益を出すには・・・。
院長やスタッフの協力、そして、IT化と最新設備の導入がカギとなります。

例えば、歯科医院の経営に欠かす事ができないツールとして、予約管理があります。

予約管理は、紙の台帳で行っている院もあれば、PCで行っている院もありますが、
予約管理のIT化は、繁盛する歯科医院に欠かせません。

・ホームページから24時間予約を受付できる
・口頭の伝え漏れや記入抜けによる、予約のミスが減る
・電話対応の抵抗感や手間を避けられる

このような、患者様のメリットだけでなく・・・。

・予約のリマインドのメールを配信する。
・予約の一覧をPCで全体管理できる。
・新規患者かリピート患者かの違いを見分けられる。

このような、経営上のメリットもあります。

一つ一つの業務を見直していくと、このようにIT化できる業務がたくさんあるはずです。
例えば・・・。

繁盛歯科でこんなITと設備を導入しています

作業効率と生産性を上げるという観点から・・・。
以下のようなシステムや設備を導入している、繁盛歯科は多いようです。

  • CAD /CAM
  • 歯科用CT
  • 歯科手術用のマイクロスコープ
  • 特別診療用ユニット
  • 光学スキャナ
  • 3Dスキャナ
  • 口腔内スキャナ
  • プレゼンテーションシステム

「治療を判断する材料や情報が欲えて安心」
「機器を使った説明が分かりやすいので、結果をイメージしやすい」
「歯科治療の精度が高い事が少し説明を聞いただけで、パッと分かる」

医院でのIT化や最新の医療機器を導入した所・・・。
患者様からこのような嬉しいお声をいただける歯科様が増えているようです。

コストとプロフィットのバランスを考えた導入を

社内の作業効率と生産性も上がるだけでなく、お客様の満足度も増える。

こんな風に考えると、院内のIT化や、医療機器の導入は・・・。
先延ばしにする理由がありません。

ただ、システムや機器にはたくさん種類がありますし、費用もそれなりにかかります。
コストとプロフィットのバランスを考えて、導入は慎重に進めたいモノです。

システムや機器の導入に関しては、補助金の活用もできるようです。

■A医院:CT、画像処理装置、顕微鏡、プレゼンテーションシステムなど
→申請額:1838 万円、補助金額:1000 万円

■B医院:3Dスキャナ、ミリングマシンなど
→申請額:1738万円、補助金額:1000万円

■C医院:ユニット、心電図有生体監視機器など
→申請額:1481万円、補助金額:914万円

最大1,000万円ものお金が使えるようですね。

ぜひ御社でも検討してみてはいかがでしょうか。

アナログ業務をデジタル化する事で・・・。
今までの悩みを一気に解決する事ができるかもしれません。