動物病院が知るべき、近年のペット市場の動向

「子供がいる家庭よりも、ペットのいる家庭の方が多い。」

「少子高齢化」が当たり前となった現代社会において・・・。
ペットの存在は、子供よりも身近な存在になりつつあります。

その証拠に、ペットとして未だ根強い人気を誇る・・・。
犬・猫は全国に約1850万頭もいると言われています。
(一般社団法人ペットフード協会「2019年 全国犬猫飼育実態調査より」)

もはや、ペットは「ただの愛玩動物」ではなく・・・。
「大切な家族の一員」へと認識が変化していると言っても過言ではありません。

言い換えると、それだけペットビジネスはビジネスチャンスが潜む・・・。
魅力的な市場とも言えるでしょう。

競争を生き抜く、動物病院の未来を握るカギ

ペットの飼育頭数は減少しているものの、1匹当たりの平均寿命は延びている。

消費者のライフスタイルの変化、中間所得層の購買力の拡大を反映して・・・。
ペットの健康維持には関心が高まり続けています。

そして、このような状況も後押しし、動物病院の施設数も年々増加傾向にあります。

※農林水産省が出している「飼育動物診療施設の開設届出状況」に詳しく増加数の記載があります。

しかし、市場が成長を続け、賑わうのは喜ばしい事ですが・・・。
動物病院も数が増えているという事は、競合が増え続けるという事でもあります。

競争の激化が進む中で、他の病院とどう差別化を図るのか?

経営者にとっては、動物病院の経営をスムーズにするために・・・。
この点を明確にする事が大きなポイントとなってきそうです。

繁盛する動物病院、繁盛しない動物病院の違い

繁盛する動物病院。
繁盛しない動物病院。

それでは、これらの違いは具体的には、どんなポイントなのでしょうか。

院長やスタッフの接客レベルや病院の場所など・・・。
細かい違いはありますが、一番の大きな違いは「提供できるサービスの種類」です。

つまり、どんな治療に対応できるのか?という点。

繁盛している動物病院の多くが「医療機器」の導入に力を入れているのは・・・。
顧客ニーズを拾っていくと、自然と「医療機器」の導入に焦点が絞られてくるから。

「室内飼育化」、「高齢化」、「肥満化」。

近年のペット飼育状況では、この3つが問題となっており・・・。
これら3つをどのようにサポートしていくのか?

この視点こそ、繁盛する動物病院になるためには欠かせません。

繁盛する動物病院ではこんな機器を導入している

それでは「医療機器」として、どんな機器が動物病院には導入されているのか。

動物病院の専門分野や提供サービスによっても変わってきますが・・・。
導入される機器には、主に下記のような内容があります。

・よく名前を聞く、主な機器や設備
→レントゲン、顕微鏡、滅菌器、血液検査装置、心電図

・人間の診断や治療にも使われる機器や設備
→MRI、CT、PET、放射線治療装置、赤外線治療装置、超音波装置、

・より高度で専門的な機器や設備
→半導体レーザー、電気メス、電子内視鏡、スリットランプ、眼底カメラ、体脂肪計、

しかし、ここまで言っておきながら、そう簡単には導入できないのが・・・。
「医療機器」導入の大きな壁です。
そう、「医療機器」を導入するには、莫大なコストが掛かります。

特に、「医療機器」を導入する場合、掛けたコスト(出費)に対して・・・。
どれだけのプロフィット(利益)が生み出せるのか?
事前には予測がつきづらいモノ。

コストの面から、「医療機器」の導入に・・・。
二の足を踏んでしまう経営者も多いのではないでしょうか。

補助金で医療機器の導入ができるかも?

しかし、諦めるのはまだ早いかもしれません。
医療危機の導入を手助けする方法が存在するのです。

それは、補助金を活用する事。
補助金とは「返済の【必要がない】お金」の事です。

補助金には以下のような特徴があります。

  • 中小企業全業種に対応できる
  • 新規事業だけでなく、生産性を向上させるための投資にも活用できる
  • 最大1,000万円まで支給してもらえる

特に最近、医療業界で人気なのが・・・。
最新の医療機器やITツールを、補助金を採択して導入する「ものづくり補助金」。

もちろん、動物病院も、その例外ではありません。

補助金について、より詳しく知りたいという事であれば・・・。
下記のURLより詳細をご確認ください。